羊のチーズという意味を持つ絶品白ワイン「ペコリーノ」
貴重

羊のチーズという意味を持つ絶品白ワイン「ペコリーノ」

ペコリーノというのはイタリア語で、日本語に訳すると「羊のチーズ」という意味です。
本当にイタリアにはペコリーノという羊乳から作ったチーズがあるので、それと全く同じ名前の品種です。
イタリア中部のアドリア海側を産地とする、甘さや主張が控えめなことでおなじみの白ワインです。
このユニークな名前のペコリーノに関する由来や味、楽しみ方についてあれこれ思いを巡らせてみましょう。

このペコリーノの名称については、色々な説があるようです。
ペコリーノを製造するのに使っているブドウが、元々は羊に食べさせる品種だったという説や、この地方で羊飼いが使っていた笛がこのブドウの品種だったとか。
いずれにしても羊が深く関わっているワインということに違いはないようで、それを物語るかのようにラベルには羊らしき動物の姿も見て取れます。
さて、これを飲むに当たって先ほどご紹介した由来のひとつである「羊が食べていたブドウ」というのが、イタリアン好きの方にとっては聞き捨てならないかも知れません。
なぜなら、羊が食べるようなブドウということは人間が食べるのに適さない程度の低いものなのではないかという推測が成り立つからです。
それは事実だったようで、人間があまり見向きもしなかったような品種のブドウから美味しいブドウ酒を作った人がいたために、余計に注目が集まったといいます。

中身の色は、麦わらイエローと言われる少し黄金がかった黄色です。
白ワインといってもよく見ると黄色みがかっているものが多いので、このペコリーノも同様の色目です。
フルーティな香りに定評があるので、ブドウ以外にも桃や青リンゴなどの味かと思うような芳醇さを持ち合わせています。
味についてはいたって控えめなので白ワインの「本業」である魚料理にとても合うというのがもっぱらの評判です。
控えめではありますが、味が薄いというわけではなくパンチの効いたこれぞ白ワインという味をしっかりと口の中に残ります。
価格的にもそれほど高価ではなく、日本のワイン販売店でも比較的簡単に入手できるので飲んだことがない方はぜひお試しください。